沖縄の観光案内

  1. ホーム
  2. 沖縄観光案内
  3. 沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館 ~ひとつの物語~

世界最大級の水族館。

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、本部町にある海洋博公園内にあります。本部町は、日本一早い桜まつりや果物のタンカン、マンゴーやアセロラの町として知られる一方、琉球大学の海洋生物研究施設や県の栽培漁業センター、カツオ漁で有名な本部漁協などがあり、沖縄でも特に海と関わりの深いところです。 沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部のも本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館。「チュらうみ」とはで沖縄弁で「清[きよ]ら(しい)海」という意味。大水槽を泳ぐジンベイザメやイルカショーが人気で、沖縄の著名な観光地となっている。2005年にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。

主な設備

黒潮の海水槽
水族館の1階から2階を貫く「黒潮の海」水槽は、長さ35m×幅27m、深さ10m、水量7.500立法メートルで世界でも有数の大きさを誇る。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量は135トンあり、ギネスブック公認の世界最大のアクリルパネルとなっていたが、2008年(平成20年)にオープンしたドバイ水族館のアクリルパネルに記録を更新された。この「黒潮の海」水槽には、ジンベエザメをはじめとする大型のサメやエイなどが回遊し、来館者の視界いっぱいに水槽が広がる雄大な光景を見せている。ジンベエザメは餌を採る際に口を水面に向け垂直の姿勢をとるが、成熟すれば全長9メートルに達するといわれるジンベエザメの尾が水底をこすらないように水槽の深さは10mとされたのである。この大水槽では給餌解説が行われるほか、上部から水槽を観察する「黒潮探検(水上観覧コース)」(会員制)や水槽に隣接したカフェ「オーシャンブルー」などもあり、沖縄美ら海水族館のハイライトとなっている。

オキちゃん劇場・イルカラグーン
無料施設でバンドウイルカ、オキゴンドウ、カマイルカ、ミナミバンドウイルカのショーや飼育を見学することができる。

マナティー館
メキシコ合衆国統領から贈られたマナティーが飼育・展示されている。

ウミガメ館
タイマイ、アオウミガメ、アカウミガメ、クロウミガメ、ヒメウミガメ5種類のウミガメを飼育・展示している。

黒潮の海水槽 オーシャンブルー アクアルーム
世界最大級の「黒潮の海水槽」 水槽に隣接したカフェ
「オーシャンブルー」
天井がアクリルパネルの
「アクアルーム」
美ら海水族館
〒905-0206
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
TEL.098-048-3748

大きな地図で見る
アクセス
当ホテルより → 車で70分
那覇空港 → 車で120分
営業時間
3月1日~9月30日
8:30~20:00(入館締切19:00)
上記以外の期間
8:00~18:30(19:30)

休園・休館日:12月の第一水曜とその翌日

沖縄旅行のご宿泊は、テラスガーデン美浜リゾートへお越し下さい。

観光情報一覧

関連メニュー
  • 沖縄観光案内
  • ビオスの丘
  • 万座毛
  • 美ら海水族館
  • ナゴパイナップルパーク
  • 古宇利島
  • 琉球体験王国むら咲きむら
  • 琉球村
  • モッズ
  • アメリカンビレッジ
  • サンセットビーチ
  • カラハーイ
  • 北谷公園野球場
  • 沖縄コンベンションセンター
  • 道の駅かでな
  • 海中道路
  • 中城城跡公園
  • 首里城
  • ひめゆりの塔
  • おきなわワールド
  • こだわりの料理
  • 上質空間の客室
  • 想いのこもった魅力
  • お問い合わせ
  • ご予約特典
  • 皆様へお届けするこだわり食材
  • 沖縄観光案内
  • プライベートスパ
  • 我が家のブログ

お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちら098-926-1214

宿泊プラン

お客様の声